iTunesの中身♪


リアルタイムでラジオで聴くときはイヤホンで。
録音したものを再生するときもイヤホンで。

朝の1時間を利用してラジコのアプリでタイムフリーで聴くときは、手元に置きっぱなしにして。

イヤホンで聴く時は曲にすごく集中して聴いてる。
曲が終わってマサムネさんが話し始めて、「そうだった!!マサムネさんのラジオやった!」ってなるくらい。アホ?

アプリで聴くときは曲は‘ながら‘な感じになって、マサムネさんが話始めるとよく聴こえる様に耳元に持ってったりして、「でさぁ~」とか言われると照れてる。アホ。




もうBRAHMANは、マサムネさんに足を向けて寝られない。
曲もかかるし、ファン目線と言ってもらい、アルバム出る、武道館ある、映画も観た!!んやってー。
平井堅方式で仲良くしてね。
時々「まーちゃん」とか言いながら仲良くしてね。

Awesome city club良かったなぁ。
今回会報でもベスト盤がお勧めされてるし、ちゃんと聴いてみよう。





「ロック大陸漫遊記」福岡では聞けないのね・・・。
なんで?
大都市なのに。大都市だから。独自の文化圏??


10代のリスナーさんからのお便りの内容がロックだった。
それをマサムネさんに伝えよう、尋ねようと思って送ったってのが、あっぱれだわ~。
いいな。10代ってだけでその存在がロックかもしれないと思いました。
がんばってね。


KISS FM KOBE 火曜日21:00~21:55
ラジコのタイムフリーはこちら。




[PR]
# by aozora-gene | 2018-01-31 09:11 | ロック大陸漫遊記 | Trackback | Comments(0)

阿修羅さん


マサムネさん阿修羅さんも見たの!?
奈良で?!

阿修羅さんは国宝で人気者でもあるから、ホームにいてはる時もあるけど、アウェイでの展示も多いから。
なんやら国宝展的なやつ。巡回するような。

2017年は興福寺の国宝館が工事中で、仮講堂(通常非公開)での特別公開で、それ見たとか私とおそろい♪

あんまりできない経験よねぇ。
工事現場的なフェンスの合間を歩いてねぇ。
たった100万人くらい(知らんけど)しか経験してないかも。

でもああいう一堂に会するといった展示の仕方は、実際なかなかないと思うので、ほんと貴重な機会でした。

そっかー!おそろいかぁ(〃▽〃)
ありがたみ増すなぁ。
あと90年は生きられるな♪
なんなら成仏した後も元気ハツラツやわ~(≧▽≦)
入場券?・・・拝観券!大事にとっとこー♡


阿修羅像は仏像としては一番下のランクらしい。
こないだテレビでやってた。
でもすごい人気あるよねぇ。
人間っぽいからかなぁ、表情が。


b0094029_08220993.jpg

今日はマサムネさんのラジオもある♪しあわせ♪


[PR]
# by aozora-gene | 2018-01-30 08:48 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

バクチ

面白そうな本見つけてん!!

読んで面白かったやつ紹介しろや!なんですが。
おんなじことやろ?

誰かが面白いって言ってたからってその本が自分にとっておもろいかはまた別の話なんやから。

大体慎重やのに。
ひょいってネットで注文したりせえへんのに。
本屋で探すほうやのに。
その機会を待ってまで。
縁とかタイミングは、運任せにした方が良い結果に繋がることが多いと思うので。

ひょいって冒険するのは図書館でだけやったのに!

でもな、経験でいうとひょいっと借りた本って、あんまり面白くないねん。
やっぱりなかなか掘り出し物(作品)なんて転がってない。
星3つ付けてもマイナス始まりやから、という心理的な理由もあるかもやけど。

・・・一体なんの話なんだろうか?これは。



『文豪文士が愛した映画たち』根本隆一郎編 ちくま文庫
昭和を代表する作家さんたちが新聞や雑誌に寄稿した映画に関する文章を集めた本だそうです。
その映画をリアルタイムでみた人(の中でも著名で感性や表現力がスバ抜けていただろう人達)の感想?評論?こき下ろし?(←そもそも掲載されない)みたい。

内容が面白いかどうかは置いておいて、大変興味深いです。



[PR]
# by aozora-gene | 2018-01-29 08:35 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

人物の名は

最近はずっと、カズオ・イシグロばかり読んでます。沢山読んでるのではなくて、読むのが遅いだけね。

『遠い山なみの光』の訳者あとがき。

この作品は登場人物が日本人のお話なので、名前が漢字で書かれている。
どの漢字を使うかで、イメージ変わるよね。

漢字を選んだのは翻訳された方やけど、人物のイメージを基にイシグロさんからの要望もあったそう。

確かに大事な部分やなぁ。

と納得したのと同時に、原文は登場人物の名前はアルファベットというかローマ字というか、そういう表記なんやなぁ、それはそれでイメージしづらいもんなやぁと思いました。

登場人物が日本人の方が読みやすいと感じるのだけど、それはきっとこの名前によるところが大きい。

ミッジとか出てきても、私には性別も分かんねぇよ。
[PR]
# by aozora-gene | 2018-01-28 07:01 | 本・映画・ドラマ | Comments(0)

映画『否定と肯定』


久しぶりに映画を観た。
何を観たらいいのか分らんかったけど、これにしてみた。




「ホロコーストなんか無かったと主張する!」という人が現れて、これにユダヤ人の歴史学者が反論する。

ホロコースト否定論者はイギリスの人。
歴史学者はアメリカの大学で教えてる人。

でね、ホロコーストは無かったと主張した人が、歴史学者の方を名誉棄損で訴えたの、イギリスで。

歴史上の出来事を法廷で争うことになりました。

イギリスの王立裁判所の司法制度では、訴えられた方が証明しなくてはならないんやって。
「ホロコーストは無かった」という訴えを、自分たちで、法廷で、「それは正しくない」と立証しなくてはならなくなった。

名誉棄損の訴訟がえらいおおごとになってしまって、しかも負けるなんてことになったら、自らホロコーストは無かったっていう相手の主張を正当化してしまうことになる・・・って考えるだけで恐ろしい。
裁判でホロコーストのあったなかったが決まるなんてバカバカしすぎる!って分かってるのに。

さらにこの話、実話だそうで。
しかもこの裁判があったのは2000年。

あのクリムトの絵画「アデーレ」の返却の話もそうやけど、戦争は過去のようで今とつながってる。


フェイクニュースも当事者になったらこんな気持ちかも。
知識がないと嘘を嘘とも見抜けないし。

怖いのは間違っていることを、たくさんの人が本当のことだと信じてしまうこと。

そう思うのに。

本当のことをどれだけちゃんと知っているのか、知ろうとしているのか。
南京大虐殺や従軍慰安婦だって、言葉を知っているだけやな、何にも知らないし、知ろうとしたこともないな、、、そんなことを思いました。

ホロコースト否定論者を演じた役者さんがトランプさんに見えるな、、ともちょいちょい思いました。




[PR]
# by aozora-gene | 2018-01-27 07:05 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

凍る


いやぁ、寒い。ほんまに寒い。
昨日も寒かったし両手に荷物を持っていて、一駅乗ろうか?歩こうか?と一瞬迷ったんやけど、わざわざ寒風吹きすさぶ川沿いを歩くことを選択。

水の流れがゆっくり滞るところは氷が張ってた。
ゴミも氷漬けになってた。
水しぶきも凍ってた。

インスタどころか、どこにさらしてもこれっぽっちも映えやしない写真ですが。
水しぶきなのか凍ってる部分なのか見わけもつかないですねぇ。
下手な写真のお手本のようです。

枝や草に飛んだしぶきがつららみたいに凍ってたりもして、珍しいものが見られて楽しかったな。
途中で雪もちらついてきて、なかなかに良かったです。

カモたちも普段通りに見えた。
寒くないのかなぁ。水、冷たくないのかなぁ。


b0094029_08163516.jpg


b0094029_08164586.jpg



[PR]
# by aozora-gene | 2018-01-26 08:30 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン
プロフィールを見る
画像一覧