<   2017年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

耳そうじ

耳そうじをしたらアカンってテレビ番組、私も見た!

耳毛の生えてる向きがどうのこうので、耳そうじというのは押し込んでるからあきませんって。

灯りがつくやつとか、スパイラルなやつとか、黒い綿棒とか思い出したわ。


どうも日本は、おもてなしが行き過ぎとるんやなぁ…。












[PR]
by aozora-gene | 2017-01-21 07:19 | つれづれ | Comments(0)

天までとどけ!

「天まで」って打ったら「天満で」って変換されて、一瞬でイントネーションが関西弁になりました。


フォレスターのCMに昨夜さっそく遭遇したよ、2回来たよ。ときめいたよ☆

思っていた以上に土砂降りの中出かけたのね、あの家族・・・。
YouTubeでは良く分からんかったけど。
ま、冬にサーフィンするくらいだからね・・・。ガッツがハンパないよね。


7チャンネル、、、テレビ大阪で、
13歳のポーランドの女の子が日本のお寺などの建築に興味があるからって、京都と奈良を訪れていた番組でした。

だたの観光ちゃうよ?

日本建築にめっちゃ詳しかった。
日本語も話せて、ひらがなで手紙を書けて。

「日本の建築を勉強したい」の準備がもう万端。すごい情熱。


「五重塔にはフロアがない」
当たり前すぎて関心すら持ったことがなく、それがどれほど不思議で興味深いかなんて考えたこともなかったけど。

「東寺の五重塔は三角形ではない」とかね。
そのような建築物が立っているってことがもう不思議でエキサイティングなことのようでした。

なんかいいなぁ~。
フレッシュな視点。
彼女から日本建築を学びたいな。
日本人よりその魅力に気がついているから。

東大寺とか春日さんとか、もちいどの商店街とか、地元の中学生と一緒に奈良公園界隈を訪れたりもしてはりました。


そんなところへ
『スターゲイザー』来たぁぁぁ~~~053.gif

早速来た♪
運命かも~~~♪

CMであの箇所だけあんな風に流れると、ドラムとボーカルの力強さに背中を押されるなぁ~という印象の『スターゲイザー』なのでした。



[PR]
by aozora-gene | 2017-01-20 08:28 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

星を見つめる者

SUBARUのフォレスターのCMが新しくなったって。

曲はスピッツ『スターゲイザー』☆彡

満点の星空の画と合うなぁ~♪
(車のCMです)




『ヒビスクス』の時と同じように、ばったり遭遇してときめいたり、励まされたり、好きっ(//∀//)ってなったりしたいな。

楽しみやわ♪



[PR]
by aozora-gene | 2017-01-19 08:19 | スピッツ | Trackback | Comments(0)
「MOTORWORKS再発に関するお願い」石田ショーキチさんのブログです。

MOTORWORKSのCD作品は廃盤になっているそうで。
改めて聴きたい、CDとして手元に残したいと思っていても現時点ではそれは叶わないんやね。

そこでリーダーの石田ショーキチさんが働きかけてくださっています。

・・・って、たむらっしーが日記に書いてたので知りました。

レコードメーカーに再発を求める声を届けようって。


こちらにもリンクを貼ってみた。
アンケートに答えて送信です♪

私もCD欲しい!!

DVDも観たい!!
(逆サイのたむらっしーばっかり見てすいません・・・)






[PR]
by aozora-gene | 2017-01-18 08:23 | その他の音楽 | Trackback | Comments(0)

22年


阪神・淡路大震災から22年。
昨日の東遊園地(神戸市)の様子です。
午前中やったので、まだ全然できてへんかった。
完成したものは今日のニュースで見られるはず。関西以外でも。

石巻や陸前高田、ほかにも東日本大震災や熊本地震で被災された地名が書かれたものがたくさんありました。


b0094029_08210622.jpg


b0094029_08205859.jpg


[PR]
by aozora-gene | 2017-01-17 08:28 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

Mフリで

昨日のFM802「ミュージックフリークス」(日曜22:00~24:00)

DJは藤原さくらちゃん。

弾き語りでスピッツ『空も飛べるはず』歌ってたよ。

ターーーーーイムフリーーーーーー!!!
(23:30頃なっ)

来週は、さくらちゃんがカバーした『春の歌』もかけてくれるそうです。



ちなみに先週(1月13日(金))のまちゃおさんの映画の短評は『この世界の片隅に』でした。
(15時台なっ)

キネマ旬報で1位やったの?
へぇ!それはすごいね。

「全然語れんわ!」やって(笑)
分かる。言葉にするのが難しいのよね。あれこれ思うこと感じることあるのにっ!

まちゃおさんブログで補足してくれてます。

今日も寒いね。
六甲山も雪化粧です。




[PR]
by aozora-gene | 2017-01-16 08:31 | FM802 | Trackback | Comments(0)

スターは年上?

「33歳を過ぎると新しい音楽を聴かなくなる」って統計の結果があるらしい。

脳の老化やライフスタイルの変化が理由じゃないか、ということらしい。

その説にもういっちょ!

「憧れのスターは、年上でなければならない(スポーツ選手は除く)」←志らくさん談

これ、なるほどなぁ〜!と思って。

確かに年功序列やらタメ口あかんとか言う文化では、年下ってだけで尊敬されへんよな。
憧れへんよな〜。
夢中になれへんわなー。


で、最近の音楽は…、最近の映画は…と苦言が増えるいうことになるんとちゃうか?





[PR]
by aozora-gene | 2017-01-15 06:45 | つれづれ | Comments(0)

3月のライオン

映画『3月のライオン』の後編の主題歌が、藤原さくらちゃんの歌うスピッツ『春の歌』だそうで。

今NHKでアニメで放送されている『3月のライオン』の主題歌?はバンプオブチキンの、、、

曲名は知らんのやけど歌いだしが

♪魔法の言葉・・・♪ 

なのよね。ニヤッとなるのよね。


映画『ハチミツとクローバー』の主題歌が、スピッツ『魔法のコトバ』でした。


[PR]
by aozora-gene | 2017-01-14 07:00 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

迫真性

昨夜NHKで放送された「クローズアップ現代+」
映画『この世界の片隅に』の特集でした。


映画を観てうまく感想が書けなかったけど、昨日の特集を見て「そういうことやねん!」って思ったことがありました。


‘リアリティ‘について。

今やリアリティといえば、バーチャルであること。
テクニカルなもの・ことで表現することに優位性があるというか。

そいういうものやと思ってたけれど。

「真に迫る」というのは、目に見る音で聴く衝撃を受けるだけではなくて、観てる側の気持ちが入ることができるものやこと、自分のこととして捉えらることができるものやこと、まぁなんていうか・・・共感って言葉が分かりやすいのかな?

そっちのリアリティもある!と思って。

本物そっくりの傷口を再現して「痛い」を伝えるのも一つの方法やけど、それを転んで泣くって方法で伝えるみたいな。(たとえがイマイチ・・・)


殺伐とした表現一辺倒になってゆくのかと白けムードやったけど、この先もまだまだ豊かな表現は生まれるし、こんなにも必要とされているってことがとてもうれしかったのでした。




*  *  *  *  *

昨日スポーツニュースで相撲やっててんけどな、めっちゃ林家ペーパー夫妻が映ってて、相撲どころじゃなかったわ(≧▽≦)



[PR]
by aozora-gene | 2017-01-13 08:18 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

ヤマザクラ

江戸時代までは、桜といえば  ‘ヤマザクラ‘ のことだった。

これも、よくよく考えればそりゃそうか、なことなんやけど、抜け落ちていたり誤解したりしていることでした。(‘流星群’に引き続き)

現代でいう桜(シェア90%以上なのかな?)は、ソメイヨシノ。
ソメイヨシノは明治になってから植えられ始めた園芸種。園芸種っ!

樹齢も100年ほど。
ヤマザクラは500年~くらいになるみたい。

明治が、、、明治から、、、たぶん大体150年くらいやから、、、軒並み寿命を迎えて伐採されたりする時期なんやねぇ。。。

戦後の復興で植えられたりした場所も多いやろうし。
それやとあと30年くらいか。

桜を切るって、「罰当たりや」とか「日本人ならできるはずない」みたいな感覚でおったけど、そういうのも怪しいな。
少なくとも園芸種のソメイヨシノに対して過度に感じる感情としてはふさわしくないのかも。

軍国主義と密接な関係にあったみたいやし。
散り際、潔さ、みたいな。
従来の桜に比べて、ソメイヨシノのせわしない散りっぷりは尋常じゃなかったんやろなぁ。
華やかで鮮やかでもあり、切なく儚い。

桜といえば、和歌。西行法師の。
これもソメイヨシノではありえないんやね。
この歌を、潔く散りたいと解釈するのは、どこかの段階で刷り込まれているソメイヨシノのイメージなのかもしれない。


和歌で一般に花といえば梅ですよ、と初めて教わったときみたいな不思議な感覚。
(そんななか西行法師は桜を詠んでいる)

ヤマザクラか・・・。
今年はちゃんと観察?花見?してみたいな。



[PR]
by aozora-gene | 2017-01-12 08:42 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン