<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日の目的

ど~も難しいんよね。

‘常識にとらわれない発想で’って言うけど、一歩間違えば‘非常識’になるその判断基準が発信する側にないところとか。

‘著名人’わたしは知らんけど‘著名人’とか。

人っ子一人どころか猫一匹横切らない交差点の赤信号は守るべきか、とか。



「考えても無駄」なことは途中で考えるのをやめるから無駄に終わるのではないか、とか。


イライラしてきた?


今日の目的はそれ。←


イライラ爆発か~ら~の発散でスッキリ!やからさー。

スッキリに必要なのはイライラちゃうん?っていう、、優しさ?
[PR]
by aozora-gene | 2013-07-31 09:39 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
「亀の恩返し2013」観ました。

ラストの『魔法のコトバ』の幸せオーラがすごかった。
いまだそれに包まれていて、ほかのことが良く思い出せない。。。


オリンピックの開会式か閉会式みたいな華やかさやったねぇ。

現実のこととは思えないような。

すごかったなぁ~。


観たい観たいって言ってても、まあないな!ぐらいの気持ちで言ってるだけやから、観れたらビックリするね。

『わかれうた』とか動揺しすぎて30秒スキップのボタン押してもうたがな。

『タイムトラベル』めっちゃかっこよかった!!


だんだん思い出してきた・・・。


秦くんの『アイ』・・・
亀田さんがベース弾く『鱗』。


JUJUも良かったなぁ。。。


スピッツがいっぱいあって心底驚いたっ!!!
スピッツのライブDVDの中で観るのとはちょっと違う感じがした。
『スターゲイザー』も『楓』も。

「いい曲やなぁ~」って改めてしみじみ聴けたのが、そういう距離感で聴けたのが良かったなー。



みなちん♪♪←
[PR]
by aozora-gene | 2013-07-30 11:03 | その他の音楽 | Trackback | Comments(0)
「FM802 MEET THE WORLD BEAT 2013」最高やったー!!

秦さんが素晴らしすぎました。
トリやったねー。

トリは怒髪天やと思い込んでたよ・・・。
ダンス仕込んでたし。
寝てるだけでも腹へるし~♪


また『鱗』に救われた。
ほんとに素晴らしかった。
なんて歌を歌う人だろうと呆れ、涙が止まらない自分に呆れ。
「よし!」って思えたことに「秦くんありがとう」って思った。

『グッバイ・アイザック』の歌詞にさらに元気をもらってー。
ライブはいいね。
ここまで届く。CDじゃ遠いときでも。
秦くんだからかな。だな。

『Girl』を聴きながら、、、
名曲=ヒット曲はスターの証だよ。
隠れた名曲なんて言うけど、それって微妙だよ。超内輪バナシだよ。

・・・なーんて、ちびまる子ちゃんみたいになった!


『スプリングハズカム』演ってくれたねー。
えー・・・miwaちゃんは可愛いです(笑)

CDに入るのも、こちらのバンドver.やね。
キラキラ感と華やかさはおさえめで、骨太で。ブリブリは健在で(笑)


『キミ、メグル、ボク 』
盛り上がってたね―!!
鹿島さん(ベースって意味です)を堪能したー。


EN session(出演者みんなで)は『タイムマシンにおねがい』でした。
アンコールは不思議と毎年「誰の歌?」なんやけど歌える歌が選ばれてる気がする・・・。

あとは~
レキシの1・5曲(笑)
アフロって意外と風通しいいのかなぁ?
結構涼しいのかもな~。
毛根自立。

back numberもやっと観れた。聴けた。
『高嶺の花子さん』いいよね♪すっかりはまってます。
次はでっかい方のステージでもっといっぱい聴きたーい。


生中継ありがとう!!!

802ありがとう!!!!


早速昨日の音源がラジオで流れてるね~。


FM802のfacebookに昨日の写真とセットリスト載ってます。
https://www.facebook.com/funky802
[PR]
by aozora-gene | 2013-07-29 10:36 | FM802 | Trackback | Comments(0)
いいお天気ですよ~って手放しで喜べないのが困るよね。

暑すぎてとか豪雨とか。


晴れたねー!良かったねー!って無邪気に喜びたいものです。


さて私のミート熱。
レキシが出演者って発表になった時がMAXやったんちゃうんかい疑惑浮上中ですけど、そんなことない!

戻ってきた。
冷めてたことは認めるけど。

間ぁがありすぎると、隅に追いやられたりすんねん。


『スプリングハズカム』披露しちゃったりすんのかなぁー♪

楽しみです。

http://funky802.com/meet/


スペースシャワーTVで生中継ですよ~♪
12:30~
[PR]
by aozora-gene | 2013-07-28 10:53 | FM802 | Trackback | Comments(0)

盆踊り

b0094029_20464817.jpg

ズンドコ節の振り付けが変わってた!

めっちゃ進むやつやった(≧▼≦)

そっかぁ、とうとうオリジナルな振りを付けてもらえたんかぁ。
めでたいなぁ〜。

この夏、もう1〜2箇所お祭りあるから、引き続きズンドコリサーチしたいと思います。


報告
三和銀行の通帳は三菱東京UFJ銀行でまだ使えました♪(ドキドキしたけど成功したぜっ)
[PR]
by aozora-gene | 2013-07-27 20:46 | つれづれ | Comments(0)

これも夏の風物詩やし

祇園さん終わって、天神さんも昨日終わって。

夏本番やねぇ。


いよいよファイナル!!っていうバーゲンに、旅行行くし友達にも会うし、新しい服でも買おっかな~ってブラブラ行って。

でもコレと言ったものもなく、足棒になったし、もう帰ろうって時に、お!アレいいかも♪ってのを見つけてルンルンで買うことにしたら、私もお揃いで買うって母に言われて、嫌とは言えず。

どーぞどーぞ、お譲りいたしまする、とゆーてんのにお揃いで買っていただくことになりました・・・。
(ま、買うてくれるんやったらええか~)

若いママさんと幼い子ならお揃いも微笑ましいだろうがね。

絶対一緒の時に着ないようにしようと心に誓うのでした・・・。
写真なんかに写ちゃって「これおかんとお揃いちゃうの?」と兄弟に言われないように気をつけたいと思います。

見つかったら最後、しばらくいろいろネタにされる=バカにされることになるでしょう。


ほんでおかん、それサイズ大丈夫やったんか?!



さっきからベランダで、というより網戸でセミが鳴いている・・・。

はよどっか飛んでってくれないと、もう~っこっちが泣きたい。。。

でもセミにはきつく当たれないのよね。


いよいよMEET THE WORLD BEATや!
亀恩もや!

よい週末ですなぁ♪


はうぁっ!HDDぃ~!
ドラマ見てへんけど消すわ~!
[PR]
by aozora-gene | 2013-07-26 09:08 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

純喫茶の純

今、古い本にはまってて。
その時代特有の感じとか、価値観の違いなんかが面白くて。

‘学校推薦図書’みたいなのあるじゃないですか。
夏休みの宿題の読書感想文イヤやったわ~って思い出すやつ。

1981年6月に偕成社から発行された「ジュニア版日本文学名作選・全60巻」ていうのがあって、その中でも
「1・7巻は必読図書」って各本のカバーに印刷されてるの。

他の巻の作者イヤやろな~。

と思うんやけどね。

もう亡くなってる大文豪の作品だとか、、大先輩すぎて文句誰もようゆわんとか。
同じシリーズに入れてもらえただけで光栄、とか?


1981年頃の必読図書を発表します!!

1巻「次郎物語」、7巻「しろばんば」


・・・・チ――――ン。
記憶にございません!

なんかねぇ、親の愛情に飢えてる孤独な少年の物語っぽいね、両方とも。

「今は流行らんわぁ~こういうのー」っていう感覚が‘時代’を感じるってことのような気がしている。
逆に言うとその時代を捉えている作品だと言える。


文学ってなんやろね?
この小説は文学です、こっちの小説は大衆小説です、ってわける基準てなんやろか?
「本屋大賞」は文学じゃない!よねぇ。
春樹は?(呼び捨てかよ)

純文学とか純喫茶の「純」の有り無しの差はなんやろね?


・・・とまぁ読書の手を止めて、そんなことを考えるのもいいかなと。
(久々に文学作品を読んでるもんだから若干手こずって余計なことばかり考えているともいえる・・・)
[PR]
by aozora-gene | 2013-07-25 09:11 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

風立ちぬ、いざ

話題の映画のほうではなくて、堀辰雄の小説『風立ちぬ』を読んでいます。まだ途中。

新潮文庫で、「美しい村」と「風立ちぬ」の2本?2話収録で240円!!て書いてある。

いつの時代やねん。


確か持ってたはず!と家探ししたら出てきました。


初版が昭和26年1月。
手元にあるのが昭和61年のもの。

「バルコン」って言葉が出てくるんよ。
それにいちいち引っかかってしまって・・・。

何度目を凝らして眺めても「バルコン」って書いてあるし。

「ノオト」「ヒイタア」「ヴェランダ」・・これは表記の違いなのは分かるんやけど・・・。

「バルコン」だけは悩ましい。
バルコン、、、強そうやし・・・とか。
いろんなイントネーションで読んでみたりとか。

引っかかるわー。

フランス語なんですねぇ。。。


映画『風立ちぬ』に登場する女性の名前は菜穂子さん?

堀辰雄『風立ちぬ』の女性は節子さん。
『菜穂子』という話はまた別にあるのよ。


・・・まさかの堀辰雄スパイラル!
[PR]
by aozora-gene | 2013-07-24 08:51 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

802.DJ

FM802のモバイルサイトでやってます。

チケット先行予約
●ロックロックこんにちは!Ver.17(7/17 10:00〜7/24 10:00

一般発売の前にもうワンチャンスってことになるのかな?

http://funky802.com/pages/802dj.php?fm=802dj



これがすごくて夢中で読んだ。
『未来について話そう』 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
http://www.thefuturetimes.jp/gotoh/

話せるほどの考えを持ってないかも、って恥ずかしくなる。
[PR]
by aozora-gene | 2013-07-23 10:03 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

風のように

当たり前のように語られて驚いた言葉。

その一
「美しいものって恐ろしいじゃないですか」


・・・これ絶対?

これを発した人にとっては絶対っぽい言いっぷりだったので非常に驚いた。

恐ろしくない美しいものだってあるはず、って探してみたり。
美しさを構成するもののなかに恐ろしさは絶対なのか考えてみたり。

分からんなー。
そう言われればそういう気もするなー。
でも絶対そうとは言い切れないような気がするなー。


その二
「いい歌は風のよう」

そういう基準ていうか感じ方、表現があるってことに驚いた。素敵。

そしてちょっと分かる気がする。

自分の中に風が起こったり、吹き抜けたり、吹き荒れたり?する感じの曲はすごい好き。気持ちいい!
記憶が呼び覚まされたり、気持ちが軽くなったり、素晴らしい景色の中に連れて行ってもらえたような気分になれた時。

理屈っぽく「この曲のここがどうのこうの」「歌詞のここがどうのこうの」を超越するやつ。
感じたことが言葉になるより速く、心?感情?が高ぶってしまうやつ。

思わず泣いてしまって、あら、私弱ってる??みたいな風の吹き方もある!


‘風’かぁ~。
心に吹く風を意識しながら音楽を聴いてみるのも楽しそう♪

・・・これは無風やな、とかね(毒)


このいい歌は風のようだって話は『きらら』という雑誌で始まった清水浩司さん連載「真夜中のヒットスタジオ」第一回の冒頭からです。

WEBでも読めます。
http://www.quilala.jp/pc/index.html

私も渡辺美里、中学生の頃だったなー。
中学校の中庭を思い出します・・・。グランドのほうではなく。

さらにラジオで美里さんが「パーマ禁止の校則を破っていると先生に叱られたけど、くせ毛なのに」って話をされていたのが強烈に印象に残ってます。

なんでこの話を覚えてるのか、その時どう思ったのかはよく覚えてないけど。



一息に書き上げられたものが素晴らしいことっていっぱいあるもんね。
そうやって作り手に吹く風のなせる業ってのもあるのかな。
[PR]
by aozora-gene | 2013-07-22 09:52 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン