カテゴリ:本・映画・ドラマ( 378 )




に、、に、、、20世紀FOXのパパパパーーーーン♪のファンファーレがギターで、かっこ良すぎて泣きそうだった。
ああ、この映画に合わせてロックなファンファーレになってるんやなー。粋なことするなー。やるなー(≧▽≦)と思ってました。

観終わったら、タワレコ行くやん?
サントラはチェックせんとあかんやん?
基本のコースやん?

ほんならね、サントラの1曲目が『20世紀フォックス・ファンファーレ』ってなっててん!!
なにこれ、最高やん!

開封したら再生ボタンと同時にブックレットやん?
歌詞よりもクレジットやん?
後ろからやん?

ほんならね、Brian Mayやーーーーーーーん(T_T)ってなってん。
なにこれ、最高やーーーん!!
『20TH CENTURY FOX FANFARE』
アレンジ、ブライアン・メイ
プロデュースにはブライアン・メイ and ロジャー・テイラーとなってました。
ライブ音源もいっぱい収録されていて、映画のハイライトとなった「ライブエイド」の音源も入っていて何度聴いても感動します。

フレディーさんの歌に圧倒されて、メロディの美しさにうっとりして、Queenギターめっちゃかっこいいな!ってなってきました。
あとは私の大好きな「ボーカルそっちかよ」のクイーンなので、誰やと思ってたんやろ?ドラムの人が一番かわいらしい顔やけど、、、とかも思いながら見てました。

この映画をきっかけに知ったんやけど、クイーンって4人のメンバーそれぞれがチャート1位を獲った曲を作ってるんやってね。
「ロック大陸漫遊記」でちゃんと聴くまで、あんなにかっこいいギターが入っているとは知らなかった『WE WILL ROCK YOU』はブライアン・メイさんの曲。
この曲のレコーディングのシーンも最高にかっこよかった。

ストーリーは、ものすごくクイーンのファンだったりクイーンについて詳しい人は反発があるかもしれない。
そこはドキュメンタリーではないからね、というところだと思うけど。
タイトルも『BOHEMIAN RHAPSODY』となっているので、この曲が一番美しく輝くように作られているのかなと思いました。


[PR]
by aozora-gene | 2018-11-15 08:46 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

音量を上げて聴けタコ!



映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』観てきた♪

三木聡監督に岩松了さん、ふせえりさん、麻生久美子さん。
・・・松尾スズキさん。
(松尾スズキって両方苗字な感じなの?磯野カツオ的な魚の名前な感じなの?)

さらにサダヲちゃんが歌うなんて~~~~(≧▽≦)
さらにさらにアコギを持って歌う顔も声も可愛い女の子~~~~(≧▽≦)

私絶対観るやつやん。
少々のことは大目に、多少のことは大目に、大抵のことは大目に、全部大目に見るやつやーん。
千葉雄大くんの無駄使いと小峠の無駄、くらいかな?難癖付けるとしたら?

サントラも最高です。
サダヲちゃん(シン)かっこいいし!
吉岡里帆ちゃん(ふうか)もかわいい♪

吉岡里帆さん演じるふうかちゃんが路上ライブで歌う歌で、お!この子の歌良くなった!歌詞もいいやん!てなった曲は、えっちゃんの曲やったよ。
チャットモンチーの橋本絵莉子さん作詞作曲。
『人類滅亡の歓び』もかっこいいし、阿部サダヲの『アヴェ・マリア』も泣けます(・・・多分)

映画の公式HPで公開されてる2曲のうち、サダヲちゃんと吉岡里帆ちゃんが一緒に歌ってるのはあいみょんさんの作詞作曲です。
この曲すごく好き!









[PR]
by aozora-gene | 2018-10-23 08:29 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

リボンの騎士

『リボンの騎士』を読み始めた。

子どもの頃にアニメで見たのは覚えているけど、漫画って読んだことあったっけ?

お話もふんわりと内容を覚えてるけど、そもそもどういう訳で結局どうなったっけ?

『リボンの騎士』は全2巻やからいいけど、こんな感じで、『ブラックジャック』を読みたくなったら大変よねぇ…。

電子書籍を考えるとしたら、そういうタイミングなんやろなぁ。
[PR]
by aozora-gene | 2018-10-07 12:15 | 本・映画・ドラマ | Comments(0)
映画『カメラを止めるな!』
まだやってるかな~?くらいの気持ちやったけど、シネリーブル神戸、4階の舞台挨拶する用のステージ付いてるおっきいスクリーンで絶賛上映中でした。
サービスデーやったとはいえ、なかなかの埋まり具合やったし。
なんかえらい話題みたい・・・ということで、まだやってたので観に行ってきました。
「ネタバレ厳禁」てなっている作品で、でもまぁたいして関心もなかったので、ネタバレもクソも、な~んも知らんと観に行けました。





で、ここで私が下手な感想を書いたら、ネタバレになるかしら?なるかも!
観に行く予定のある方、いずれ観る可能性のある方は、読まない方が楽しめるかもしれません。知らんけど。




前半と後半に分けて。
前半はほんま辛かった。
あーいうB級モノを面白いと全く思えないのよ。
しょーもないし、下手やし、気持ち悪いし。
話題やとか、大ヒットとかの宣伝文句に踊らされて観に来てしまった・・って己の愚かさを悔いた。

そっからの後半。
まぁまぁイラついてたし、何がまだ続くんか知らんけど、早よ終わってくれ、なんや?裏話か?もーええわ~~て正直参ってた。
でもそこからやったね。
上手かったね。面白かった。

カメラが、画面が映している範囲。
興味深かったなぁー。
ワンカット、カメラは一台で生放送っていう設定で、カメラはとにかく何かを映し続けなければならない。
放送事故になっちゃう!!

カメラが映し続けたもの、その画面に映らなかったもの。
そこにドラマがありました。


ほんまは「アレ笑ったわー」とか「あそこのセリフ、あの発言に至るまでの過程が最高!」とかね、細かいところも言いたいところやけど。
ネタバレ厳禁!の上に、まだまだ絶賛上映中ということみたいなので、自粛します。



[PR]
by aozora-gene | 2018-10-04 08:42 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

憲法25条

スポーツや映画が、音楽も入るだろうな、大きな災害があるたびに「自粛」となるのは、衣食住以下だから、ということなのだろうけど。

娯楽は無駄で贅沢なのね。
文化、芸術、というところまで格上げされれば保護されるのだろうけどね。

一番つらい状況にある方がたの心情に配慮する、という面もあるから労りでもあるのだろうし。


今回唯一観てるドラマが生活保護のお話なのよ。
録画でまとめて観てるから、だいぶ遅れてるけど。
『健康で文化的な最低限度の生活』という長いタイトル。
日本国憲法第25条からとられています。

母親が生活保護を受けている。
自分の父親の自宅介護、高校生の子二人、パート収入。
高校生の息子がバイトするわけよ。
自分の好きなことにかかるお金を自分で稼ごうってことよ。
立派よね。

しかーし!
息子のバイト代は世帯の収入として報告しなければならなくて、その収入分、生活保護費は減らされる。
報告なしでバイトを続けてたもんだから、保護費の「不正受給」となってしまうのです・・・・。
全額返還です。

おかしくない!?
息子ちゃんには自由にできるお金、お小遣いは無理なのか?
ちなみにそのお金でギターを買ったのよ。
CDもいっぱい隠し持ってた。
彼にはバンド仲間が出来たのよ。


樹木希林さんの言葉で一語一句は覚えてないけど、ロックについて。
破天荒なことをやってるうちはロックじゃない、地道な生活をコツコツ続けてそこから生まれるのがロックだというような内容。

全然理解できなくて、分からん難しすぎると思っていたけど。

分かりそうな、そんなきっかけをつかめそうな、、、気がしている。



[PR]
by aozora-gene | 2018-09-18 08:45 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

紙の本

『フェンダー・ジャズマスター・プレイヤーズ・ブック』
・・・ギターね。ギターの種類ね。それを演奏する人の本てことね!

テっちゃんが登場するんやって~。
インタビューや愛用しているギターが掲載されるとのことです。

インタビュー読みたい!
楽器のことはよう分らんけど、こういう本に登場するってことのギタリストとしての凄さも全然分かってないけど、テっちゃんのきっとマジメなギターの話。
ピラミッドとかスフィンクスやマーライオンが出てこない話。(サキちゃんちに全部あるらしいよ(≧▽≦))

貴重な話が聞ける(読める)こと間違いなし。
いや、なんていうか、話の内容はさっぱり分からないことの方が「間違いなし!」なんやけど、いつもとはちょっと様子が違うテっちゃんを想像できそうで楽しみやねんなー。
スピッツ外活動が一番少ない、なんなら無いと言っていいくらいのテっちゃんなので。





ちょっと前までは「電子書籍」のほうが少数派扱いやったのに、今はもう「紙の本を買う方はこちら」って感じなのね。
本といえば紙というのが当たり前だったのが、紙もありますけど?状態。
紙の本の方がわざわざご案内されないとたどり着けない目的地なんやなぁ。







[PR]
by aozora-gene | 2018-08-10 08:49 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

読みたい!

ジブリの鈴木さんの小説やって。

『南の国のカンヤダ』小学館から8月3日発売!って連絡きた。ありがたい。

読書感想文はコレに決まりやな。←

最近は読書がはかどらん。今読んでる小説もちびちびしか進んどらん。
細かく刻みすぎで感想もないわい。
それなのに構成が特殊!
たぶんほとんど分かっていないのだろうな。この本の面白さ。

とにかく読書に関してあまりにもイケてないので、ここらで何とかしたいのです。

カンヤダって何かな?と思って調べてみたら、人の名前やったよ。
[PR]
by aozora-gene | 2018-08-04 08:42 | 本・映画・ドラマ | Comments(0)

映画化アニメ化ドラマ化

映画『オデッセイ』今夜テレビで放送やって。

早いような、まだやった?ような、、、。

火星大接近にちなんでの放送のようです。
確かに、しばらく前から妙に赤い星がくっきりと見えておった。
お~れの赤~い星ぃ~♪くらいにしか思ってなかったけど、あいつが火星かぁ!

火星、二度と行きたくない・・・。
(*映画館で3Dで観て懲りた、の意)

けど、知識総動員してるところとかワクワクするし、音楽の趣味が最悪ってところが笑えるので、地球から安心してまた観てみよう~っと♪


『BANANA FISH』がアニメになってテレビで放送されていて、私の許可なく何やってくれてんねん!と思ったけど、まぁまぁ観れたわ。
もうずいぶん前の作品やし、最近は読み返したりもしてなかったから、アニメを見ながら「あ~そうそう、そうやった!」と思い出したりしています。
めっちゃハマってたなぁ。
サリンジャーを読んだのも、この漫画の影響でした。
あんまり覚えてないし、理解できていたとも思えないけど。


あ、あと『昭和元禄落語心中』が、岡田将生さん主演でドラマ化されるらしいのでこれは忘れないようにしないと!
楽しみにしてるやつです。
岡田くんは八雲を演るのね。
「死神」やねぇ。こりゃ大変や!!




[PR]
by aozora-gene | 2018-08-03 08:41 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

再上映

シネリーブル神戸で『この世界の片隅に』が再上映。
8月4日(土)~10日(金)の1週間限定です。
なんならちょっとずらして欲しいくらい「うっ」てなる日程やな。


5日の日曜日には、すずさんの声を務めたのんさんの舞台挨拶があるそうです。

シネリーブル神戸で一番大きなシアターでも、、、かなり近いよね。
かわいいんやろなぁ。


ドラマの方は見てへんのやけど、勝手に録画されてる時間帯。
日曜のあの時間。
おもしろいんかなぁ。

野球のシーズン中はドラマはよっぽど見たいやつじゃないと見られへんわ~。



[PR]
by aozora-gene | 2018-07-26 08:34 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

ドラマ

ドラマ『ブラックペアン』終わりましたな。
毎回楽しみに見てました。

小説を読んだけど、たぶん全然違うし、読んだのもずいぶん前のチーム・バチスタ華やかなりし頃で全然覚えてないし。
いい加減思い出せ!とそのきっかけが何かないかいな~と思いながら観てました。

信念とか情熱でお仕事必死でやってて、賛成反対はあるやろうけど、ほんまのほんまの悪人は出てこない。

呪縛から逃れて、痛烈に自分の愚かさに打ちひしがれ、でも最後に残ったのは自分が唯一信じて来たもので。
ニノの表情の変化が素晴らしかったなぁ。

今、内野聖陽さんにビールのCMされたら、その商品買ってまうわ。
いっぱいありすぎてわからへんやん?
みんな自分のがおいしいゆうてCMしはるし。
今やったら内野聖陽さんが「おいしい!」ゆうてたら、それにします!てなるなぁ。
ニノには悪いけど。

田口公平と速水晃一もおったんや!
ドラマだけ見てたらわからんわー。
めっちゃその他大勢。


『孤独のグルメ』も観てるけど、こないだまで韓国が舞台やったのよ。
コグマ(さつまいも)の天ぷら出てきてたよ。

あとは『限界団地』
これもラストが気になるやつ。



[PR]
by aozora-gene | 2018-06-25 08:48 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン