人気ブログランキング |

カテゴリ:本・映画・ドラマ( 422 )

3本立て

♪しろぉい〜 カモォメが〜♪

今朝の「あさイチ」三陸鉄道の旅。
クドカン大先生と薬師丸ひろ子さんと皆川猿時さんがご出演。

『いだてん』かと思った!
絶賛ロスオリンピック中やし、来週の予告でカッパのまーちゃんが「占いババァっ!!」って怒鳴ってたし。
(恐れ多くも薬師丸ひろ子さんのことです)

『あまちゃん』のほうでした♪

『いだてん』でプールサイドで皆川猿時さんを見たときは『南部ダイバー』思い出したよねぇ。にやにやしちゃう。

にしても日曜の夜は『いだてん』見てその後『あなたの番です』見てるから、皆川猿時さん二本立てやねん。
そこからの今朝。生放送。

水城さん(『あなたの番です』皆川さんの役名、刑事さん)あやしい説もあるらしいねぇ。
犯人予想もうなんでもありやん(>_<)


by aozora-gene | 2019-08-05 08:34 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

かぐや姫×井浦新さん

8月3日、今日の「美の巨人たち」は、
高畑勲監督の『かぐや姫の物語』×井浦新さん。

見なきゃ!
仲さん見なきゃ!

「きゃ」ってどこの言葉よ?



by aozora-gene | 2019-08-03 06:22 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

キャラクター

『なつぞら』でなっちゃんが「キアラ」という登場人物を描くのにとても苦労していた。

「こういう設定の女の子です」という説明だけがあって、そこから真っ白な紙に女の子を一人この世界に登場させなければならない。
なっちゃんは何人か描いた、いやきっと何人も何人も描いたんやろうけど、イメージ違うって言われ続ける。

アニメってすごい。

出来上がりしか見たことないから、どんな登場人物も、その姿形で当然のものとしか思ってなかったけど。
絵が巧い人が描くのだから、どんな女の子でもどんな男の子でも、どんな悪者でも想像上の生き物でも、なんなく描けるものやとも思ってたし。

絵の巧い人が女の子を描いて。
台詞を言わせて動かして。
それで物語にする。
絵を動かす、絵に演技をさせるという技術ばかりがアニメのすごさやと思ってたけど。

その通りやけど全然違う。もっともっと深い仕事やった。
魂を込めて命を与える。
そのこともイメージとしては理解できてるつもり。
でも描く、描けるということと生み出すということは全然違うことやった。

探してたのはこの子やった!みたいな感動。
制作の現場にはその難題と感動があるんやなぁ。





by aozora-gene | 2019-08-02 08:45 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

515

昨日見た誰かの手がますかけだった、、、誰やっけ?誰やったけ?どこで見た?

右手。

ああ!あの人だ。犬養毅。

五一五事件だったのよ『いだてん』
犬養毅、西南戦争の従軍記者やったなんて知らんかった。
そういうこと教科書にも書いといて欲しい。
第九章「明治維新」とかいって新しく始められるとつながりが分かりづらいねん。
試験範囲は幕末まで、とか区切ったり。

五一五事件とロスオリンピックは同じ年とか知ってたら覚えやすいよねー。
4年ごとの目安になるんやし。1932年昭和7年の出来事でした。


えーっと犬養毅を演じたのは塩見三省さん。かっこよすぎた。
萩原健一さんの高橋是清も迫力&オーラがすごかったです。

こんな記事もおもしろい。

古今亭菊之丞さんのツイッター、公式アカウント

by aozora-gene | 2019-07-29 09:01 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

外画番組

今ちょうどねぇ、ちょうどって言うかたまたま。
新聞で「吹替映画の変遷史」という連載が始まってる。
とり・みきさんという方が執筆。

外画番組とか声優とか。
「声優」という言葉自体はラジオ劇の時代からあったけど、広く使われるのは70年代後半のアニメブーム以降なんやって。

ラジオ局出発のNHKと現TBSは自局の放送劇団を持っていて、そこの劇団員が「アテレコ」を担った。
吹替の需要が増すと新劇出身の俳優がこれに加わる。
咲太郎にいちゃんの会社がこれやね。

出演料が顔出しの仕事に比べて安いけど、舞台だけでは食べていけない俳優にとって糊口をしのげる仕事だったそう。
雪次郎くんがこれやね。
・・・ほろ苦声優デビュー・・・?笑

外国アニメでは軽演劇出身の喜劇人。
落語家や漫才師、歌手の起用もあったそうです。

軽演劇?
軽音楽もそうやけど、「軽」ってなによ。
軽自動車もか?

通俗、娯楽、大衆、、、ふ~~~ん。

60年代には声の仕事は事実上専門職化していくそうです。
音声制作会社が誕生し、吹替の録音や演出も専門職化。

咲太郎にいちゃんの会社も安泰やといいなぁ。
(なっちゃんに面倒かけないでほしい)



by aozora-gene | 2019-07-12 08:49 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

ばけもの

『いだてん』26回目は「明日なき暴走」
突っ走るために生まれてきたんだ、だそうです。

浜名のまーちゃんが、カッパのまーちゃんが、人見絹枝さんのことをずっと「ばけものの姉ぇちゃん」と呼び続ける。

きっと最初は面白がって。
会った後は期待を込めて。
メダルを獲って帰国した時は賞賛の意味で。

彼女がずっとそう言われて傷ついてきたの知っているから、そんな言い方やめなさいとたしなめたくなるところだけど。

恵まれた体格、優れた能力、強い意志、ばけものであることの価値を自ら認めることが出来て、人々から賞賛と祝福を得て、同じ言葉がどれほど意味を変えるのか。
受け取り方がどれほど変わるのか。

いい表情やったなぁ~人見絹枝さん。

シマちゃんの言葉を信じて、ほんとにその通りになった。

ほんまにすごい人やったんやね、人見絹枝さん。
メダルに至るまでの道のりを思うと、あんな時代によくぞくじけず、、、やっぱりあなたはばけものです。


by aozora-gene | 2019-07-08 08:55 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

いだてん2部スタート

『いだてん』2部始まりましたね。
オープニングの映像も変わって。

まぁとにかくサダヲちゃんが強烈。
1部の英雄たちをコケにしまくって。
1部の最後らへんで流した涙を返してちょうだいと言いたくなるわ。

何回かひぇぇぇぇぇ!!!ってなったけど、面白すぎた!痛快すぎた!!
とにかく会話と行動スピードが韋駄天。
2部は「いだてん」をサダヲちゃんに対してそう使うんやねぇ。
せわしないの(水泳)と暑苦しいの(陸上)の対決、今後も楽しみ。
薬師丸ひろ子さんをまた雑な感じに使ってるのも楽しみ。

カッパのまーちゃん、顔で新聞社に合格したというのはアリやと思います(笑)

カニとか肋木(出てたっけ?)はええけど、治五郎爺さんと四三さんはもうちょっと大事にしてほしいような、、、でもおもろいからええかー!!

「火焔太鼓」の使い方も最高やったねぇ。

クドカン大先生はやっぱり天才やと思います。




by aozora-gene | 2019-07-01 08:58 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

優しい十勝

これすごいね。
十勝で盛り上がってるって素敵。
なっちゃんの、雪次郎くんの、優しいあの子のふるさと。
ふるさとのみんなが応援してくれるって心強いなぁ。
「優しいあんこ」企画も面白いね。
地図持って帯広の町を散策したいなぁ。
帯広も碁盤の目なんやね。
分かりやすくて良い。
十勝、道の駅多いなぁ。そっちも行ってみたい!
優しい野菜とか優しい牛乳とか優しいバターとか。

by aozora-gene | 2019-06-29 06:53 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

ご近所さんでした。

b0094029_08184786.jpeg


嘉納治五郎先生やないですか!!

すっごいびっくりしてんけど。

御影公会堂という建物があってね、そこって『火垂るの墓』で有名なのよ。映画に出てくるの。
オムライスも有名なんやけど。

そこの地下に、こういう展示物があるのは知ってたよ?
年に数回は用があって訪れる場所なので。

去年までは「誰このおっさん?この辺の偉人?」って完全スルーでした。
恥ずかしい!!
無知な上に好奇心を向けないなんて。それじゃダメ人間じゃないか。

でもな、今年行ったらな(ついこないだな)、嘉納治五郎先生やないですか!!ってなりました。

そんなことある?
嘉納治五郎が近所の偉人やったなんて。

あ、嘉納治五郎ってNHK大河ドラマ『いだてん』で役所広司さんが演じておられる重要な登場人物です。念のため。
柔道の偉い人で、日本人を初めてオリンピックに出場させたり(それが金栗四三さんと三島天狗)、体育の普及に努めたり、金に困ったり、、、まぁいろいろ。
詳しくは『いだてん』観て♪
第2部にも出られると思います。
日本でオリンピックを!と尽力された方なので。

灘中学・高校にある銅像、あれも嘉納治五郎さんなんやね。
このへんの酒蔵の人らが作った学校ってのは知ってたけど。
日本を代表する超絶かしこの皆さんも勉強の合間に『いだてん』観てるんかなぁ~。

嘉納治五郎さんの本来のお姿を銅像やお写真で拝見して思い出したことがある。
♪ミーラクル ガー(ル)♪
柔ちゃんのおじいちゃんが「じごろう」って名前じゃなかった?猪熊ジゴロー。

似てるよ、なんとなく(笑)

なつかしーーー

by aozora-gene | 2019-06-28 08:18 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

いだてん

『いだてん』、、、もうHPも緑色に変わってる・・・。
もう完全に2部モードやん。


寂しいなー。
サダヲちゃんのことは楽しみにしてるけど。
(トータスさんも出はるんやね)
大人になった`まーちゃん`今でも「ら?」って言うやろか?


四三さんのオリンピックの話から女子スポーツの始まりのお話になって、解放のお話だからカタルシスも感動も大きい数回でした。
でも関東大震災が起きて。

ほんっっと参るけど、ほんっとに素晴らしい。
第一部完結、すごくいい回でした。





そしてやっぱり大竹しのぶさんが最高やった。
池部のお母さんかっこよかったー。
「いだてん」から「ごちそう」が生まれたって知りませんでした。
馳せる、走ると書いて「ご馳走」やもんね。


人見絹枝さんも。
足が速いってなんて素晴らしい能力なんやろ。
なんて美しい生き物なんだ!!



by aozora-gene | 2019-06-24 08:55 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン