時間差

『チャップリンの独裁者』の制作されたのは1940年(米)。

1940年は、日独伊三国同盟が成立した年。

日本では上映禁止。
ドイツ、イタリアでも公開差し止め。

1933年から1945年の間は、ドイツはナチ党が支配していたのだったよね。
1936年には日独防共協定。
当時、銀座にはナチ党の旗が飾られたのだって。

いやぁ、考えたことなかったなーと思って。
『チャップリンの独裁者』が日本で最初に上映されたのは、昭和35年。1960年。

20年の時間差があることについて。
1940年という年について。

「人々よ、失望してはならない。貪欲はやがて姿を消し、恐怖もやがて消え去り、独裁者は死に絶える。大衆は再び権力を取り戻し、自由は決して失われぬ」

ラストのスピーチの内容も、凄みを増す気がする。
でも逆にリアルタイムだったら、何を甘っちょろいことをゆうとる!っておもったりもしたんやろうな。
何が自由だ、何が希望だ、何が未来だって、そんなもの何一つ信じられなくて腹立たしかったやろうな。



[PR]
トラックバックURL : https://skysilvia.exblog.jp/tb/28188663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aozora-gene | 2018-03-13 09:24 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン