映画『シェイプ・オブ・ウォーター』




予告を観たときに「この映画観たいなー」と思っていたら、いろんな賞を大きな賞をお獲りになっていてビックリしました。

予告の印象は、人魚姫のような、美女と野獣のようなファンタジーなんやろな~、でした。
それの、決してお姫様&王子様ではない、社会の中では少数派で弱くて、虐げられていて、、、といった人たちのお話。

その通りだったし、宣伝広告の謳い文句の通りだったし。
それを観たくて見に行ったのだから、大満足です。

賞を獲ったその意義とか理由とか。
この映画が社会に訴えかける内容とか力とか。
そっち系の称賛もあって、それはそれで納得で、素晴らしくて。

でもそんなに褒めてもらわなくても、この映画は好きなやつです。
音楽も素敵やねん。
かかってる音楽が素敵。音楽の使われ方が素敵。

車もかわいかった。
当時はそれが普通に走っていた車なんやろうけど、今見たらかわいいわ。
クラッシックなアメリカンな雰囲気をすごく出してた。

ただし、猫が好きな方(多いんやろ?)にはおススメしない作品です。忠告レベルで。
それに吐き気レベルの痛いシーンもあるしねぇ。暴力の。


写真バージョンより、こっちの絵のほうが好き。
小説の表紙。
このお話、絵本くらいにぎゅっとまとめてもいいかも。






[PR]
トラックバックURL : https://skysilvia.exblog.jp/tb/28181435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aozora-gene | 2018-03-09 08:47 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン