還りを待っている。

映画『オデッセイ』観ました・・・。

長い放浪の旅をしてきました・・・。


マット・デイモンが一人火星に取り残されるんです。そういう映画。
取り残されたのは仲間に死んだと思われたから。

死んではなかったけど怪我をしてたのよ。

その怪我の治療を自分でせなアカン。

割と最初の方のシーンやねっ。
だってメインはサバイバルだもん♪

その怪我の治療のシーンで、わたくし、具合悪くなりましたー!!

具体的な描写は割愛させていただきますが、「血の気が引く」と申しましょうか。
吐き気、呼吸の乱れ、冷や汗、指先の急速な冷え、体に力が入らない・・・。

目をつぶり、深呼吸をくりかえしくりかえしくりかえし・・・。

すっかり物語に置いて行かれて一人ぼっちで彷徨っておりました。
酸素を求めて吐き気と闘っておりました。

その間、マット・デイモンはマット・デイモンで火星でがんばっていたみたい。



しかしながら、わたくし無事に生還いたしましたーー!!



いやぁ、びっくりしたなぁ。
3Dやったのもアカンかったのかな?
ものすごくえげつない怪我をしたわけじゃないんやけど、ああいうのはダメなのよ・・・。

「おまえが宇宙帰りかよ!」ってくらい青ざめてフラフラしながら劇場から出てきてしまった。

めばちこを切られて中身絞り出された時以来やったなぁ、こんな目に遭ったの。


映画の方は、、、おもしろかったよ。 ←説得力なさすぎ

隊長の残していった音楽の趣味が悪すぎる!って悪態ついてね。それがBGMになるんやけど。
それがディスコ音楽ばっかりやねん。
これが意外と良かったんじゃないかと思っている。
火星での深刻になりそうな時間を軽快に明るくテンポよく見せた効果があった気がします。

そして地球で物語が動いた時にかかったのは、デヴィッド・ボウイ『スターマン』でした。



[PR]
トラックバックURL : https://skysilvia.exblog.jp/tb/25347748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aozora-gene | 2016-02-11 07:03 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン