Bohemian Rhapsody

イギリスのデパートのCMやって。






メイキングもあるよ。







このデパートの最新の動画はクリスマスので、エルトン・ジョンでした。
そっちも素敵やったよ。




[PR]
# by aozora-gene | 2018-11-18 08:55 | その他の音楽 | Trackback | Comments(0)

ニチロ

朝刊の一面に「中ロ」とあって、思い浮かべたのは中日とロッテ。
からの桐蔭ドラフトの2人。
実際は原子力発電所の記事だったのだけど。

日ロの場合は日露かと思ったけど、日ロやったねぇ。
ハムとロッテやんね。
やっぱドラフトやんね。

いつからロは露じゃなくなったのかなぁ?


[PR]
# by aozora-gene | 2018-11-17 09:39 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

ワンワンッ

P音で隠~したー 今じゃ当たり前の。

の逆の。

今ダメになった言葉。


オンラジの藤枝ペアトーク、犬が鳴いたぞ(≧▽≦)
P音じゃなかった。ワンワンッ!
なにやら今じゃけしからんということになった言葉を言ったらしい。

話題は「毛」について。
「毛」って!

毛という字をじ-っと見てたら、横棒が
ってなってるように見えてくるから不思議よね。


それはもう言ってはいけない、ということになった言葉を一つ強烈に覚えている。
ダメな理由は差別的、人種差別的な理由で。
それまではなんでそうやって言うのか語源を知らずに使っていて、言ってはダメになったということで、その言葉があることを指していて、そのことが問題なのだと知ったのよね。
あ~そりゃ失礼な話だよなって。言っちゃいかんよなって。

何でそんな言葉が生まれたんやろう?
特定の名詞を形容するための言葉だったように思うのだけど。
今じゃ放送禁止用語。


ワンワンッ!





[PR]
# by aozora-gene | 2018-11-16 08:50 | つれづれ | Trackback | Comments(0)



に、、に、、、20世紀FOXのパパパパーーーーン♪のファンファーレがギターで、かっこ良すぎて泣きそうだった。
ああ、この映画に合わせてロックなファンファーレになってるんやなー。粋なことするなー。やるなー(≧▽≦)と思ってました。

観終わったら、タワレコ行くやん?
サントラはチェックせんとあかんやん?
基本のコースやん?

ほんならね、サントラの1曲目が『20世紀フォックス・ファンファーレ』ってなっててん!!
なにこれ、最高やん!

開封したら再生ボタンと同時にブックレットやん?
歌詞よりもクレジットやん?
後ろからやん?

ほんならね、Brian Mayやーーーーーーーん(T_T)ってなってん。
なにこれ、最高やーーーん!!
『20TH CENTURY FOX FANFARE』
アレンジ、ブライアン・メイ
プロデュースにはブライアン・メイ and ロジャー・テイラーとなってました。
ライブ音源もいっぱい収録されていて、映画のハイライトとなった「ライブエイド」の音源も入っていて何度聴いても感動します。

フレディーさんの歌に圧倒されて、メロディの美しさにうっとりして、Queenギターめっちゃかっこいいな!ってなってきました。
あとは私の大好きな「ボーカルそっちかよ」のクイーンなので、誰やと思ってたんやろ?ドラムの人が一番かわいらしい顔やけど、、、とかも思いながら見てました。

この映画をきっかけに知ったんやけど、クイーンって4人のメンバーそれぞれがチャート1位を獲った曲を作ってるんやってね。
「ロック大陸漫遊記」でちゃんと聴くまで、あんなにかっこいいギターが入っているとは知らなかった『WE WILL ROCK YOU』はブライアン・メイさんの曲。
この曲のレコーディングのシーンも最高にかっこよかった。

ストーリーは、ものすごくクイーンのファンだったりクイーンについて詳しい人は反発があるかもしれない。
そこはドキュメンタリーではないからね、というところだと思うけど。
タイトルも『BOHEMIAN RHAPSODY』となっているので、この曲が一番美しく輝くように作られているのかなと思いました。


[PR]
# by aozora-gene | 2018-11-15 08:46 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)
11月中旬、冬めいてまいりまして無性に甘いものが食べたくなるというマサムネさん。
あんこたっぷりの鯛焼き、、ではなく。
チョコたっぷりのアーモンドチョコやチョコボール、、、ではなく。
あんこ1/3、生地たっぷりの鯛焼き、チョコ1/3のアーモンドチョコやチョコボールを探して、検索したりしてるそうです。

つけるチョコの量が調節できる「ヤンヤンつけボー」しか思い浮かばない。
ディップ方式で解決する以外思い浮かばないよ~。

今週のロック大陸漫遊記は、
「独断でセレクト!このバンド、スピッツっぽくね?な洋楽で漫遊記~♪」

種明かしをすると、ギターロックな選曲になっているので、、、と漫遊前のスピッツソングは『ハチミツ』(95年6枚目『ハチミツ』)
この曲はわたくしがライブでよく歌詞を間違うことで有名な曲、やって(≧▽≦)
運が良ければクソかわいいマサムネさんが見られることで有名な曲です。



1曲目はチープ・トリック『サレンダー』(78年3枚目『天国の罠』)
Vo,G,B,Drの4人編成でメロディ重視。
チープ・トリックがスピッツっぽいのではなくて、マサムネさんがロックにハマるキッカケのバンドで、影響を受けまくっている。
スピッツがチープ・トリックっぽい。
そのチープ・トリックはビートルズの影響がみられるので、スピッツはビートルズの孫弟子!?

2曲目はラズベリーズ『GO ALL THE WAY』72年
70年代前半に人気を博して、エリック・カルメンさんが在籍していたバンド。
いい曲が多いけど、オルタナ・アングラ感がなく少し物足りないかな。
白井貴子さんのオールナイトニッポンのジングルで使われていた曲。

3曲目はレモンヘッズ『DOWN ABOUT IT』(93年6枚目『カモン・フィール』)
レモンヘッズはスピッツと同世代。
『ハチミツ』の頃雑誌で、マサムネはイヴァン・ダンドと書かれて、レモンヘッズを好きで聴いていたので、嬉しくてニヤニヤしたんやって。

4曲目はジゴロアンツ『Mr.TOMORROW』(2002年『パシフィック・オーシャン・ブルース』)
大阪でラジオをやっていた時にスピッツっぽいバンドあるよと言われた。
ギターポップな感じと、ジャケットに女性のポートレートが多いところに親近感。
なかなかかっこ良くて好きになったそうです。うん!かっこいい!
私設のファンクラブの方が会報送ってくれたりした良い思い出があるそうです。

~お便りその①~
番組のグッズを作りませんか?
ステッカーいいですね、考えましょうということでした。
マサムネさんは家で使っているギターにさかなクンのステッカー貼ってるって。

5曲目はトラビス『ライティング・トゥー・リーチ・ユー』(99年セカンド『ザ・マン・フー』)
スコットランド、グラスゴーのバンド。イギリス的な暗さ、湿っぽさ、弱さ、そこが魅力。
すごく好きなバンドだそうです。

6曲目はTHE SZUTERS(ズーターズ)『IF THIS AINT REALLY LOVE』(98年2nd『アメリカン・ポップ』)
MR.BIGのポール・ギルバートさんプロデュース。96年デビュー。
ズーターズはスピッツメンバーとルーツは近いんじゃないかと思う。
違うのはギターソロが速弾きなどテクニカルなところ。
ポップでいい曲も多いので、過小評価されているように感じているそうです。

7曲目はビッグスター『イン・ザ・ストリート』72年1st
70年代前半のバンド。解散した後にオルタナ系の人たちから評価された。
スピッツの1,2枚目くらいが雰囲気が似ていると言われ嬉しかったそうです。
マッチョロック全盛期に独自のヘタレオーラを放っていた、それがオルタナ系の人たちに評価されたのではないかとマサムネさんは分析。


~お便り その②~
ギターのGコードの押さえ方、5弦を押さえていないのでは?
ぞうさんで実演。
5弦を押さえないとメジャーとマイナーどっちでもいけるしガッツがある音がする。
ジョンレノンも5弦を押さえていないと昔聞いたこともあって、そうしている。

マサムネカスタムのギターはもう使わないの?
白い、ビルローレンスのギター。
さざなみツアーの時に展示されてたような。
ボケボケの写真を撮ったような。
最近はハーフトーンを使うので、尼崎のSagoさんのギターを使っているって。


「ちょっぴりタイムマシーン(ぞうさんジャカジャカジャカジャカ)」
ガロ『地球はメリーゴーランド』(72年1枚目)
この曲は日本のソフトロックの最高傑作と言えるのではと曲紹介。
ガロといえば『学生街の喫茶店』(ぞうさんで歌う)のイメージしかなくて、「スピッツは平成のガロ」と言われた時に「?」と思ったけど、聴いてみたらウエストコーストあり、プログレあり、ハードロックありで非常に懐の広いバンドだったんだと。
ガロと比べられて光栄だったんだなぁと思ったそうです。


マサムネさん、みんなにもっと洋楽聴いて欲しいんやね。
面白おかしくスピッツに似てるかな~そうかな~うん、ぽいぽい!っていうより、「スピッツを聴いてくれる方にもとっつきやすい洋楽」を紹介してくれたのね。
それで「スピッツっぽい」やったんやなぁ。
などと勝手な感想を。

来週はアーティスト特集「ピクシーズ」
孤高のバンド。
ぶっ飛んだ歌詞にはデビュー当時影響を受けた、そうです。


ラジコのタイムフリー(KISS FM KOBE)

[PR]
# by aozora-gene | 2018-11-14 08:43 | ロック大陸漫遊記 | Trackback | Comments(0)

実店舗

最近はネットで買って実店舗で受け取るってのが、主流になりつつあるの?
まだまだ始まったばかりなの??

ときどきそうやって書いてあるのを見かけるから。
ネット上でも、実店舗のほうでも。
店舗で商品が無くて取り寄せてもらうのを、先にお客さん自身がネットでやっとく感じなのかな?

お店側というか売る側としては、‘配送料’の問題がそれで解決になるらしい。
お客さん側としては、買い物の失敗をカバーできるらしい。
受け取るときに試着したり交換してもらったりできるから。

ふ~~~ん。
お客さんのメリットがやや弱い気がするが。
どっちにしろ試着が必要なものはネットで買わへんもん。


ワークマンの店舗数は、ユニクロとほぼ同じ!
ウソやん!
見たことないし、ワークマンの店舗。
ユニクロはどこにでもあるイメージやけど。
もうええねん!ってくらいある気がするけど。

ワークマンの店舗を近所で調べてみたら、あるにはあったけど、そんなとこほとんど行ったことないなって場所やった。
近所の人以外は車で行かないとダメな感じの。
そりゃー見たことないわって場所ばかり。

内側にアルミが貼ってあって防寒なギンギラギンのコートがどんなものか見てみたいんやけどなー。(注:欲しいわけではない)
クマ鈴、クマ鈴&ホイッスルっていうの、音を聞いてみたいんやけどなー。(ちょっと欲しいかも♪)
店舗受取送料手数料0円て書いてあるけど、そりゃそうやろなー。(≧▽≦)




[PR]
# by aozora-gene | 2018-11-13 08:42 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン