ささみチーズフライ

学食といえば?

「ささみチーズフライ」

見事答えが一致した私たちだけど値段で揉めた。

友人は350円で「とても安かった」という。

350円て!
それ絶対小鉢かなんか追加してるわ。
マカロニサラダとかおひたしとか。
豪華か!お嬢様か!金持ちか!(これはほんとのこと)
270円よ、300いったら高いって感じるよ、毎日食べてた気がする、ささみチーズフライしか記憶にない……

今度会うときは学食に行くことになりました。
誰でも入れるのか知らんけど。
[PR]
# by aozora-gene | 2017-11-18 08:31 | Comments(0)

THE HISTORY 1987→

スピッツ30周年記念ツアー『3050』のライブBlu-ray&DVDの詳細が発表。

特典映像のタイトルが「THE HISTORY 1987→」

これスペシャの特番のタイトルと一緒やね。
SSTV見られへん人も、この映像作品を手に入れるつもりの人は、あれちゃう?全く同じじゃないかもしれんけど、大体一緒ちゃう?
スペシャに出演したときの貴重映像って書いてあるし。

デッキの線、よう繋がんくても大丈夫なやつちゃう?←お宅の事情は知らんがな





スぺシャで先にちょっとだけ見せてもらえるのかな。



話題の新曲3曲『ヘビーメロウ』『歌ウサギ』『1987→』収録。


岸田さんが聴いたという新曲はどれやろう?
『歌ウサギ』かなぁ。

私はむしろスピッツしか入ってこないけど、「歌詞が入ってこない」って感覚はすごくわかる。
これほんまあるよな~。


[PR]
# by aozora-gene | 2017-11-17 09:12 | スピッツ | Trackback | Comments(0)

落語ザ・ムービー

笑点の司会、春風亭昇太さんがスピッツをよく聴くってテレビで言わはったみたい。
失恋ソングを訊かれてスピッツって答えて、失恋に限らずいい曲が多いから良く聴くんやって。

私も(?)笑点はほぼ毎週見てます。
子どもの頃からその時間は10チャンネル必ずついてます。


アメリカと北朝鮮とがニュースになると、新聞記事やテレビの字幕で文字数が限られる場合「米朝」って書かれるでしょ?
それを一時期毎日のように見てた頃、図書館で昭和特集みたいなのをやっていて、思わず借りたのが桂米朝さんの落語の本でした。

目線とか声の調子のつけ具合で演じ分ける、落語のテクニックの話が具体的で面白かったです。

ちゃんと落語家さんの落語を見ようって思うのに、せっかく高座の映像を公開してくれてはるのに、なかなか見れてないのよね。



アテブリの役者さんがどんどん豪華になってる気がする。

こないだの話もゲラゲラ笑って観た。
「六尺棒」と「権助魚」の回。

よく出来てるなぁって感心するのと、登場人物の間の抜け具合に呆れて可笑しいのと。



[PR]
# by aozora-gene | 2017-11-16 08:41 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

鑑賞

やっぱりパソコンで見るよりテレビの画面がいいわ~♪
(理由はまだ解明できてきない)

と、昨日は『醒 め な い』Blu-rayを観てました。


『みなと』(たぶん『みなと』だけだったと思う)で、テっちゃんが使っているギター、A型・・・っていわないか、V型のやつ。のストラップ。肩ひも。

「あれはきっとモニャモニャの抜け毛でできているに違いないっ!!!(≧▽≦)」と思ったり、
何かで、「慈愛を表す青い光」という言葉を読んだとき、スピッツのライブの青もとても印象的やよな~と思ったことを思い出したり。

そう何度もたむらっしーで笑うまい!と決心していたのに、『トンガリ』も『8823』も耐えたのに、ラストの『ポルカ』でマサムネさんの後ろを一瞬で通りすぎたのには、ラストだ~と油断してたのもあって笑ってしまって不覚でした。

エキスポで黒いピックを見てから、ライブのラストはアコギの曲で終わることが多いのかな~という思いつきが頭から離れないけど、そんな気もするしそうでもないかもやしたまたまってこともあるやろうし。


年末にスぺシャでスピッツ特番があるらしいので、地上波以外も録画できるように線をつながないと!!
秘蔵映像やって♡








[PR]
# by aozora-gene | 2017-11-15 08:39 | スピッツ | Trackback | Comments(0)

KOMOREBI

「木漏れ日」という言葉にぴったり置き換えられる単語は英語にないらしい。
詩の領域なんやって。
一言で表す言葉があるのか!っていう衝撃の日本語らしいです。
「日本らしい」そうです。

そういう世界の言葉を集めた絵本がヒットしてるの?かな?

文化のなかで育まれた言葉。
風景とか気温とか、その地域ならではの感覚を言い表した言葉。

アラビア語にはラクダにちなんだ言葉が多くて魚に関する言葉は少ない、とか。
ビールに心地よく酔って幸せって意味のドイツ語とか。
寒さの長く厳しい地域の、遠くに憧れる気持ち。
湖に映る月の光。
運河の匂い。

あった!日本語版は『翻訳できない世界のことば』って本やね。

そうか。
夕焼けの色も違うのか。

「TSUNDOKU」(積ん読)って対訳が見つからないって世界に発表されるほど日本独特の言葉かしら?
いや、その前に日本語として、まず日本語としてどうなんやろう?
普及の具合とか、使用頻度とかさぁ~。
作者の方が「はっ!」とされた世界の言葉が掲載されているのだから、それはそれで指摘するようなものでもないのだけれど。


あー・・・カズオ・イシグロまだ読み終わってへんわ・・・。



[PR]
# by aozora-gene | 2017-11-14 09:04 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

『シン・ゴジラ』

『シン・ゴジラ』もう地上波で放送やったねぇ。早いなぁ。
久々に「観よう」と思って準備までしたテレビ番組でした。あ、野球は除く。
大抵の場合、ながら見になってもええかー、もしくは録画して時間ある時に観よーかなんやけど。

やっぱりすごかったわ。
テレビで見てもすごかったわ。
テレビはテレビなりの怖さがあったわ。
ニュース感が映画館よりリアルな気がしたわ。

2016年に映画館で観たときは東日本大震災のこと思って、放射能が怖いと一番強く感じたけど、昨日テレビで観てたときは、ゴジラによる無作為かつ無遠慮無配慮極まりない破壊行為がひたすら恐ろしかったです。
「スクラップ アンド ビルド」というセリフが出てきてたけど、ビルドし過ぎるとスクラップの衝撃と損害が大きすぎるからビルドもそこそこにした方がええと思いました。
ゴジラビームにメンタルやられかけた・・・。

やっぱりいいなぁ~と思ったのは、最後ゴジラが凍っちゃう時。
歯の治療か?胃カメラか?って体たらくのゴジラだけど、最後、力を振り絞ってめっちゃかっこいい姿でジ・エンド。
倒して終わりじゃなくて、シンボリックに立ち上がらせるところがいい!インスタ映え。←

新聞のテレビ欄の出演者の名前に、ちゃんと野村萬斎さんありました。


[PR]
# by aozora-gene | 2017-11-13 08:43 | 本・映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン
プロフィールを見る
画像一覧