Ciao!モニャモニャ

昨日のFM802「Ciao!MUSICA」14時台のゲストに、
今年の夏は「3勤1休ぐらい」というお忙しいスピッツが4人揃って登場でした。
マ「集中が続かない」
テ「振り返りのための一日があった方がよい」
田「10代20代の頃は休みなしでやってた」
サ「やってたね」

マ「短い時間グッと集中して、ちょっとダラッとするリズムがいい」そうです。
でも、
マ「やれる人はやる、やらない人はやらなくてもいい」って。


映画の話やったね~(≧▼≦)
さすが「Ciao!MUSICA」です!
・・・おもいっきり「MUSICA」ってゆうてるけど。大文字やけど。

終わっても余韻があと引く『醒めない』映画、ありますか?

☆マサムネさん
『醒めない』のジャケットの生き物(モニャモニャ)を見た友人に『ネバーエンディングストーリー』だと言われて、観たことなかった『ネバーエンディングストーリー』を昨日DVD買って観た!

「まじっすか!?」と本気驚きのまちゃおさん。

モニャモニャの下絵はマサムネさんが描いた。
マ「(ファルコンと)顔は全然似てないですよね」
可愛げがない、おじいさん、、、。そうやねんファルコン、、ブスやねんなー(≧ω≦)
マ「(モニャモニャは)どっちかっていうと『千と千尋の神隠し』の龍のほうかな」

『ネバーエンディングストーリー』は マ「子どもの時に観ておくべきだったな」
マサムネさん『E.T.』も大人になってから観たそうです。

子どもの頃大好きで、大人になってから見返した映画
まちゃお『グーニーズ』でがっかりした
マサムネさん『がんばれベアーズ』
・・テイタム・オニールに恋してた。大人になってから見返すと普通に子どもでしかなかった(笑)
田「だって曲までつくっちゃったじゃん!『テイタム・オニール』」
マ「小学生の4年生ごろだったから、お姉さんに恋してた」

☆田村氏『ブルース・ブラザース』って映画がすごく好き。(「ベース・マガジン」でも挙げてましたね)
メタルとかハードロックしか聴いてなかったけど、あの映画からほかの音楽性を得た。
今観ても好き。
マ「田村んちで観せられた記憶あるなぁ。DVD持ってたよね?あ、あれだ!VHSだ」
まちゃお「VHSねぇ。今タンスの肥やしになってますねぇ。捨てるに捨てらんない」
田「俺、ベータだったもん!さらにヤバい」

☆テっちゃん『男はつらいよ』
あれを観ると、昭和、自分のちっちゃい頃のことを思い出す。
おじさんにお正月に連れて行ってもらっていたそう。
「ドリフターズと2本立てで」
まちゃお「その組み合わせで2本立てだったんですか?!」
テ「全部持ってる。ボックス買っちゃった」
まちゃお「すげぇ!『醒めない』どころの騒ぎじゃないですね。『なりたい』くらいの」
テ「柴又にはたまに行きます」

☆サキちゃん『インディペンデンス・デイ』
「おととい観たんですけど。それまだ醒めてないですね」
テ「あはははは!」←テっちゃん大ウケ
サ「20年前も観たんですけど、20年ぶりも観ましたね」
サ「20年前は20年前に観て、今回は今回です」
まちゃお「興奮は蘇りました?」
サ「ストーリーというより画的に」
20年で技術が進歩したので、映像の迫力がすごかったそうです。

マ「『ネバーエンディングストーリー』を今の技術で作ったら、もっとおもしろいものになりそう」
テ「でも‘違う’って話になるかもね」
まちゃお「あーそれは『SW』でみんなが喧々諤々で言った話でしょう?CGじゃないんだよ~って」
テ「ヨーダじゃねえよーって」
マ「『ALWAYS』みたいに背景がCGですごいいいってのもありますけどね」

もともとCGじゃなかったものが変わると醒める、ファルコンがCGでリアルになると醒めちゃうかも、と盛り上がる一同。

田「急に人形感がなくなる」
サ「あはははは」

まちゃお「良かった!けっこう盛り上がりましたね~。醒めない映画話」

いやぁ、楽しかった~。
どんな話題でも4人で必ず盛り上がるね。
一人ずつ発表して終わりってならない。
しかもな~んか不思議な可笑しさがある。
仲良いなぁ~♪

私もモニャモニャを見てから、『ネバーエンディングストーリ』大好きやったなぁ~って懐かしくなって見返したけど(DVD)、、、よく眠れました。
子どもの頃はあんなにドキドキしながら見てたのに!!
アトレイユ!(恋してた)


♪『醒めない』♪

テ「曲の話になると急にかしこまるからね」
田「しゃべれねーから音楽やってる」
マ「聴きどころは?って言われると全部ですとしか言いようがない」
サ「ははっ」
まちゃお「僕は「聴きどころは?」と「最新アルバムどんな感じですか?」この質問だけはしないようにしている。信条として」
マ「んあははっ!素晴らしい。素晴らしい」
テ「そりゃ助かる」田「どんな感じって困るよね」マ「ざっくりとね」
まちゃお「そもそもいい感じじゃないと出してないですからね」
まちゃお「ヤバい!これ誰かの揶揄にならないといいけど、って感じですけど」←(≧ω≦)

まちゃお「僕の聴きどころ言っていいですか?逆に」
テ「いいねー。そのほうが」
まちゃお「『モニャモニャ』から『ガラクタ』が好き」
マ「あ~静と動みたいな感じ」

ここで、高校の時にギター部で『多摩川』でアルペジオの練習をした秘話をぶっ込むまちゃお。
『多摩川』でざわつくスピッツ。
そんなまちゃおがお待ちかねのバラードから、いろんな音が入ってて楽しいのが始まる流れが真ん中にあるのが、変化があるのがいいって。

テ「こういう意見が、俺たちの次のインタビューにつながる」
田「まるで自分たちで考えたように(笑)」
まちゃお「あれ?素材提供しました?(笑)」
サ「(別の地方で)これを言う」

まちゃお「今ラジオ聴きながら、「違う、まちゃおそこじゃないんだよ」って言ってる人もいるかもしれない」
マ「人それぞれにね」

そしてこのタイミングでジャケットの生き物がモニャモニャだと知るまちゃお。
まちゃお「こいつがモニャモニャだぁ!!」←遅い
マ「そうです」

・・・ジャケットの話もして、曲は自分から『モニャモニャ』を挙げといて、両者が一致してなかったって奇跡的やなぁ。ビックリやわ。
私も『モニャモニャ』から『ガラクタ』のところ好き!
液体が固体に戻る感じ。
蕩けきって、、、はっ!!って戻ってくる感じになる。


まちゃお「生き物多いですよね。ポケモンGOみたいに脳内に生き物が生息してるんですか?」
マ「小さいころから生き物好きなんですよね。図鑑見たり、水族館も良く行きますし」

スピッツGOというゲームが出来るかも?!という話で盛り上がる。
マ「モニャモニャからハチからゲンゴロウから、、、」
田「パクリじゃん!それ」
テ「2番煎じだね」
マ「南森町ではレアなモニャモニャがゲットできるように」
サ「あははは」


ツアーの話

お別れの1曲はもう『モニャモニャ』しかない。ここまで来たら。異議なし。

まちゃお、スピッツにお別れのご挨拶。
あの、僕「まちゃお」って呼ばれてる。また「Ciao!MUSICA」に・・・

マ「あ!その‘ちゃお‘か!!なるほど」 ←(≧ω≦)

♪『モニャモニャ』♪


ゆるゆると楽しくおかしく穏やかな午後のひと時、満喫いたしました。
ありがとうございました!


次はFM802「BINTANG GARDEN」ですね。
21日(日)20:00~
「ロックロック大反省会~SPITZと共にあらんことを~」




[PR]
トラックバックURL : http://skysilvia.exblog.jp/tb/26121258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aozora-gene | 2016-08-20 07:02 | スピッツ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン
プロフィールを見る
画像一覧