FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」スピッツ特集『醒めない』②

FM COCOLO 「J-POP LEGEND FORUM」(月曜21:00~22:00)
DJ田家秀樹さん

8月はスピッツ特集 
ゲストは竹内修さん

♪『ナサケモノ』
ー不思議な音が入ってますね。
プログラミングしたものや、マサムネさんがギロを弾いている。
田村さんが家から持ってきたキッチンタイマーのねじを巻くような音も入ってる。これもマサムネさんがやっている。
ねじを巻くような音を入れたいというのがあって、いろいろ探して。
いろんな遊びが入ってる。
いろんな音がいろんなところから聴こえてくるのでヘッドフォンで聴くとおもしろいと思います。

この曲はレコーディングの4クール目、ラストです。『醒めない』とかと一緒に録ってます。
亀田さんとのやり取りはすごく具体的に楽器の名前が出たりすることもありますし、参考音源みたいなものを聴いてもらって こういう感じにしたいんだということもありますし、もうこれ以上考えられないんで何か一味お願いします、ということもあります。

亀田さんとも15年くらい。
ー長く続いている理由は?
亀田さんはすごくポジティブな方なんですね。レコーディング現場がすごく明るい。
初期のレコーディングでお通夜のような感じで進めていた苦い思い出があったのが払しょくされた。
亀田さんとはウマが合う、そして投げた球をきちんと打ちかえしてくれるというのがある。

当時新人のディレクターとしてスピッツと関わっていたので、メンバーの気持ちにまで考えが及ばなかった。
お互い試行錯誤があった。
申し訳ありませんでした(笑)

ースタジオの中で一番変わったところは?
決断が早くなった。
やりたいことが明確にある。
どうやったらどうなるかが最初は全く分からない。それがどうなるかがある程度分かっていて、それ以上にするにはどうするかという考えになる。そしてやってみて、いい・ダメの決断もものすごく早い。


♪『グリーン』
これシングルだな、と思いましたよ。それがタイアップもつかずに不思議なもんだなぁと思ってますけどね。

ーこっちの方がキャッチーだと思う方も多いでしょうね。
『みなと』という曲はものすごくいい曲なんですが、リスナーの食いつきや春リリースということを考えたらもしかしたら『グリーン』の方がいいのかな?とか思いましたね。
結果的にアルバムで初めて聞いてもらえて、真ん中あたりでどっしりとした曲として機能してるのはいいと思います。

ーアルバムの核心といいますか、言いたいこととかも。
『醒めない』と表裏一体になってるかなと思いますね。
ロックの斜に構えた感じがよく出ている曲かなと思いますね。
結構毒入ってますね。よく読むと。さらっと歌っちゃってますけど。
(「コピペ」のくだり)
一番びっくりしたのは火焔土器(笑)
いやぁすごい表現だな、こんな言葉歌詞で出てこないよね、ってみんなでビックリしました。
最終的にこういう歌詞になったんだって。

マサムネさんは最終的に歌詞がFixするまで、プリントアウトしたものを見せるということをしない。
それまでは全部自分のノートに書いてる。
今回は自分でタイプして歌詞カードを作ってきた。
リハとかプリプロで歌いながら歌詞を修正していく。
歌詞というのは歌いながらじゃないと、どう聞こえるかとか歌いやすいかとかが分からない。
みんなで演奏して、それに合わせながら歌って細かく修正していく。

最初は火焔土器じゃなかったかもしれないけど覚えてないし、きっと聞き取れてない。
日常出てくる言葉じゃないから浮かばない。 

歌入れの時に、うわっこうなったんだ!ってなりましたね。

ー反骨心の塊ですね。みんなが好きなものは好きにならない。


ーアルバムの曲順の流れ、非常に綺麗に流れてるなという印象ですが。
毎回「曲順の掟」みたいなものが、マサムネさんのほうからある。
この曲とこの曲は並ばないとか、この曲は後ろの方とか。何種類かのルールがある。
それをメンバー、スタッフで突き合わせてみんなで考えます。
その結果ですね。
ど頭『醒めない』とラスト2曲は決定してました。
これで行きたいと。

ーアルバムのテーマ。再開、再生、再出発とか。テーマについては話されますか?今回のテーマはこうしたいとか。
歌詞の説明、テーマについては、全く話さない。スタッフにもメンバーにもしない。訊かれたらするのかもしれないですけど。
ただマサムネさんの中には明確に全体のテーマがたぶん今回はあって、歌詞の流れでこの曲順にしたいというのは今回端々に出ていた。

ー曲の中に自分たちが今やりたいことが落とし込まれている.例えば『ナサケモノ』で「生まれ変わる前に~」とか「本能で~伝えたい」とか。『グリーン』で「情念」とか。「あふれている」とまで歌っている。
今回エモーショナルですよね。1曲目から明確にテーマを打ち出して、想いを伝えるという歌詞が多いですよね。
初期ははぐらかし、ポーズとってた部分もあったと本人も言ってますし、これだけやってきてはっきりいうことも恥ずかしくなくなってきたということなのかもしれないですね。
とはいえ分かりやすい歌詞かと言われれば、火焔土器ですから(笑)


♪『SJ』
ー力強い曲ですね。
そうですね。これが4人だけの一番ミニマルな曲ですね。

ーSJていうのはどういう意味・・?
えーっと、、、秘密です。封印してます。メンバーも語らないと思います(笑)

ーいやぁ歌詞がすごいですね。「夢のかけら~」「これからは僕が~」強い決意が込められてますね。
こういう強い言葉も含めて、今のスピッツが演奏すると説得力が出る曲。
若いころだとサウンドとかアレンジも含めてこういう感じは出せないだろうと思う。
年齢に合ってる感じがしますね。


ー手を離れた後のアルバムは、どういう距離感になりますか?
僕はファンなんで。メンバーはいろいろあるかもしれませんけど。人のアルバム聴くように聴けますね。
過去のアルバムは必要に応じて聴く場合と、あの曲聴きてーってなって聴く場合がありますね。


来週(8/8)はアルバム『醒めない』の後半です。

FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」





[PR]
トラックバックURL : http://skysilvia.exblog.jp/tb/26078928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aozora-gene | 2016-08-05 07:25 | スピッツ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン
プロフィールを見る
画像一覧