名前をつけてやる

上野さん!

私にとっては『音人』の上野さん。
最近旦那がamazonで娘を甘やかす上野さん。←
でも『JAPAN』のレビュー欄に名前があったりもする上野さん。

『音人』のレビュー欄の‘錆びたみなと’の話、感動しました。

で?

『JAPAN』のサイトのスピッツ『醒めない』リリース記念の過去作品ディスクレビューに、たぶんその上野さん。「たぶん」かよ。

『名前をつけてやる』

このアルバムすっごい好き。
今でもしょっちゅう聴く。

「名前をつける」なんて。(しかも「やる」付き)
所有とかもっと言えば征服とか。
愛情や愛着とか。
あとは現存する言葉や名前に納得してない・しっくりきてない感じ。
自分で創る、せいぜい君と二人で創る、っていう小さくて可愛い秘密の世界。
小さくて可愛いことのなんという無敵さよ!って感じ。

『醒めない』が待ち遠しすぎて、27日までどうやって過ごそうかと思ってたけど、これ楽しいね!


そしてやっぱり本腰を入れて落語を(古典な)聴くべ。

上方なぁ・・・。
お江戸訛りを面白がってたのになぁ。
関西弁・・・ええねんで?ええねんけどなぁ。
うっとうしない?(普段使ってるのにこんなことゆうのもなんですが)

使う言葉で話の内容の印象が変わってくるような。
そんなことゆうたら、しゃべる人で変わってくるのかな~?

ひとつの話を、いろんな落語家で聴くってのもいいかも。
いろんなピアニストが弾く「ラ・カンパネッラ」みたいな。

落語もCDに収録してたら‘ディスコグラフィ‘になるのかな?

ラクゴグラフィ?



[PR]
トラックバックURL : http://skysilvia.exblog.jp/tb/26011650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aozora-gene | 2016-07-14 09:14 | スピッツ | Trackback | Comments(0)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン
プロフィールを見る
画像一覧