DJ吉井和哉×秦基博

初めましてにほぼ近い、というお二人。
出会いはなんとFM802!!

802のファンキーバーで秦くんが一人で『WHAT’S GOING ON』を歌っているところを、吉井さんがみかけたらしいです。


吉「で。うまっ!!と思って。誰が歌ってんだ?!と思ったら、秦基博くんっていうすごい新人が出てきたんですよ~って。マジか~~って。」


その後吉井さんは、勝手に秦くんのことを調べたらしいです。
・・・これに秦くん大笑い!!

吉「カバーがね、本人より全然いいんですっ!」

二人「はははははははは!!」

吉「さっきの『SPARK』もですけど!」


秦「いやいやいやいや」(←これ、私秦くんと完全にかぶりました!笑)


吉「なんでそんな息継ぎなしで歌えるんだ?みたいな」

秦「息継ぎ忘れるんです。歌ってるうちに」

吉「ははははは。水泳の選手じゃないんだから~」








吉「声がね、洋楽ですよね、実は」

秦「なんですかね?変声期っていうか、声変わりの時期に、毎日もう怒号のように叫びながら歌ってたら、声が段々割れてきて。そのまま定着しちゃったんですけど」

吉「あーー変声期の声帯の回路を無視して(笑)」

秦「そうです!気にしないで歌ってたらこんな風にできあがったんです」

吉「まあもともとの素材なんでしょうけどね。ほんと羨ましい、その声は。貸して欲しいですもん、たまに。・・・たまにかいっ!!(笑)」




吉「てんびん座!!てんびん座ですよ~~~。ナイスガイ」

秦「ははははははっ!」

吉「てんびん座いいですよ~男は」

秦「ほんとですか?すぐバランスとろうとして、突き抜けられないところがあるんですけど・・」

吉井さんも『SPARK』を歌ってたのが29の終わり頃だそうで、同じ頃に歌っていただいたんですね、と。

吉「どうでした?」

秦「そうですね~。最初マイナーから始まって、サビからメジャーにドンっていくじゃないですか?あそこの突き抜け感をどうだそうかなぁ~って、すごいなぁ~って思って歌ってました」

吉「知ってる歌でしたか?」

秦「もちろんっ!」

軽音部でコピーバンドがいたり、秦くん自身も歌ってたという話に、メンバーも喜ぶだろうな~と感慨深げな吉井さん。


吉「僕になんか質問とかありますかね?」

秦「僕、音楽パッと聴いた時に、歌ばっかり聴いちゃうんですよ。歌のことしか聴いてないっていうか。音楽を聴いた時に最初に耳が行く部分ってどこですか?」

吉「え・・・?歌ですよ(笑)それ、オレにする質問ですか?(笑)」

秦「(笑)いやっ・・・なんか、アレンジとかのことまで最初に聴くのかな?って」


秦くんはアレンジのことを含めて楽曲を聴くのは第2段階ぐらいだから・・・って。


吉「それは曲を作る時もそういうことですか?」

秦「そうですね」

吉井さんはアレンジもされるんで、どうですか?と言う質問です。

吉「エレキギターは弾かれます?」

秦「ほとんど弾かないです。セミアコぐらいしか」

吉「かっこいいなっ!・・・でも僕も歌メロくらいしか聴かないですけどね。理論とか知らないですし。僕あのね~ピアノの前に座ってドの音どこかわかんないんですよ」

二人「あははははははは!」

吉「なんだけど、ストリングスのアレンジするって、なんだか良くわかんない」

秦「すごいなぁ~って」

吉「なんかあるんでしょうね、コツみたいなクセが」


『やわらかな午後に遅い朝食を』(BOGM09)


今日のテーマ「開花させたい自分の中の蕾」について秦くんが語ります。

吉「むしろ音楽以外のことが聞きたいんですが」

秦「僕趣味が漫画とか・・・」

吉「まんがっ?!」

秦「漫画読んだり、ゲームしたりとか・・・子供っぽいところが多くて」

吉「へぇ~~~~意外ですね~」

秦「大人な趣味というか・・・一般的な大人のイメージが、ちょっとづつ開花してったほうがいいかな~って」
(秦くんが例に挙げたのが、バーボンとシガーバー(笑))

吉「あー・・・・・大人の趣味。僕は基本釣りするんですけど。デビューの頃は出来なくて、30くらいからまた始めたんですよ。バスフィッシングしてるほうが、音楽へのフィードバックが非常に良かった。やってない時より」

秦「へ~~~~」

吉「外嫌い?」

秦「外・・・あんま行かないです(笑)」

吉「車は?」

秦「運転します。でも車も車種とかほとんど分かんなくて(笑)。テキトーに」

吉「(笑)」

秦「男のロマンあるじゃないですか!・・・乗りやすさが大事・・・・(笑)つまんないんですよねー(笑)ちょっと尖っているって言うか、大人の色気が出そうな趣味が欲しいなーって思うんですけどね」

吉「んー・・・・・悪い大人の友達をつくるっ!」

二人「(笑)」

秦「なるほど!教えてもらう」

吉「でもまーその素朴な感じがこういう曲を作るんでしょうしね?」

秦「少年マガジンとかそろそろ卒業したいんですけど・・・」

吉「コロコロコミックとか(笑)」

秦「(笑)コロコロコミックは・・・(笑)!!さすがに卒業しましたっ」

吉「ボーリングとか」

秦「好きで・・・学生の頃はすごいやってたんですけど、最近全然やってなくて・・・。アクティブなことがどんどんそぎ落とされていく・・・」

吉「本は読まれます?小説。太宰治どう思われます(笑)?ちょっとブームなんですけど」

秦「(笑)あのー最初に『道化の華』を読んだときに、、、(笑)太宰の話でいいんですよね?(笑)あの・・ちょっと人間の裏側というか、前では笑ってて裏でイロイロ考えてる感じは、大学生くらいの時に読んで衝撃でした。人は多面性があるって事をあんまり思わないで生きてきたんですよ~。ちょっとドカンと来ましたね」

吉「あ~信用しちゃいかんと!僕今怖くて読めないんですよ、太宰が。43にして」

秦「(大笑い)」

吉「『人間失格』を買ったんですけど、読めないんです。怖くて。もってかれそうで」

秦「あははははは」


今後ミュージシャンとして開花させたいところは?


秦「アルバム出したいな」

吉「出してるじゃない」

二人大笑い

秦「(笑)オリジナルの・・・・(笑)・・・去年出せなくて・・・・出してますね!確かに!!ちょっと開花した感じのアルバムに。3rdアルバムになるんですよ~次が」

吉「早いですね!」

秦「3枚目って、鬼門っていうか・・・・」

吉「よく言いますよね。そんなにヒットしなくても、そのアーティストの核になるアルバムになりやすいっていうのはね、3rdはね」


秦「3rd作ってる時のこととか、なんか覚えてます?」

吉「僕は・・・レコード会社とめっちゃケンカしてましたね」

秦「はははははは!」

吉「「またそんなろくでもねえ歌詞を書きやがって!」みたいな・・・(笑)」

秦「僕もケンカしなきゃいけないんですかね~」

吉「でも今ケンカしにくい時期ですからね。レコード会社のなかにもケンカするような勢いのヤツがいなかった
りするじゃないですか」

秦「言えば返ってくる感じだったんですか?」

吉「怖かったですよ、レコード会社。今はわりと・・・これいい曲だねっつってすぐ出してくれる・・・(笑)でもなんかすごいおっきい曲ができそうですよね?遠くから見ていると」

秦「ホントですか?!作りたいですね~」


今後の予定(告知)

吉「ほんとにね~生の声をもちろん聴いて頂きたいと思いますね!秦くんの場合。へんな小説読むんだったら
秦くんの声聞いたほうが・・・(笑)いやいやいや太宰さんが変なって言ってんじゃない(笑)」

秦「(笑)」

‘世界遺産の声’だとか‘オーキャンこっそり行こうかな?’て吉井さんゆうてはりました。
(スガさんと66年同い年の会で一緒なんですね(笑))



秦くん、吉井さんとフツーにしゃべってて尊敬しました・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://skysilvia.exblog.jp/tb/13031359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ坊 at 2010-03-22 19:43 x
吉井さんとガチ!?と。。。知った時はどうなる事かと(笑)
色々 想像したもんですが。
やっぱり凄いぞ!秦っち。。。肝据わりっ放し!
「オトナな趣味」が開花した時 どんな曲ができるんでしょか?
まずは 事務所の先輩に鍛えてもらうって方向で(苦笑)
Commented by まゆぼん at 2010-03-22 23:55 x
あああありがとうございやした!!! 

秦っち 吉井さんにべた褒めされているにもかかわらず結構 『あー』 とか 『そうですね』
とか うん 普通の受け答えで 大物感漂わせすぎ・・と気になったりました。緊張していた? そんな雰囲気なさそう。逆にオープンだった?

吉井さんから〝世界遺産の声〟まで 言われて 謙遜してないとこが秦っちらしい(笑)

いつもジーンさん ありがとうございます☆
Commented by aozora-gene at 2010-03-23 08:14
ひろ坊さんへ
落ち着いてました~秦くん。吉井さんも意外に(笑)まともだったし。「オトナな趣味」・・・教えてくれそうな悪い大人な先輩っていらっしゃいます?!(笑)
Commented by aozora-gene at 2010-03-23 08:20
まゆぼんさんへ
秦くんの緊張は全然感じなかったですね~。秦くん褒められ慣れすぎなのかも(笑)‘話半分’って思って聞いてるのかもしれないし、太宰の影響で(笑)
大物vsある意味大物(笑)対決!貴重でした~~。
Commented by agnes at 2010-03-23 13:29 x
太宰読んでみようかな~怖いんかな~

面白い感じ。。。ジーンさん的中!
仲良しになれそうな空気出てました
が。。。関係性は
どちらかと言うとSは秦さんっぽいような
さすがですなっな人たらしぶりでっ
Commented by aozora-gene at 2010-03-23 16:35
agnesさんへ
太宰ねぇ~。大学生になるまで人の多面性に気づかずに生きてこられたって事が奇跡って気がします(笑)
秦くん人懐っこいですよね~。ミュージシャンとしてゲストに出てる時とは全く違う感じでしたね。かわいらしいといいますか(笑)
吉井さんも想像以上に紳士でしたね~。もっとロック感出てるのかと・・・。いや~面白かったっす!
by aozora-gene | 2010-03-22 17:05 | 秦 基博 | Trackback | Comments(6)

こころかすめし様々のあり・・・


by 青空ジーン
プロフィールを見る
画像一覧